コラム一覧 【保存版】フリーランスは年収いくらから確定申告する?確定申告をするべき人と基準 1/3

【保存版】フリーランスは年収いくらから確定申告する?確定申告をするべき人と基準 1/3

フリーランスに転身しようと考えている方、フリーランスとして働き始めている方がまず、気がかりなのは「確定申告」ではないでしょうか?

というのも正社員の頃は所得税などの処理は会社側がしてくれていることがほとんどです。しかしフリーランスになると基本的にご自身で確定申告を行い所得税を支払わなければならないからです。

この記事では

  • 確定申告をしなければならない所得の基準

  • フリーランスに関係する税金まとめ

  • フリーランスが節約できる所得税

  • 青色申告白色申告

  • どこまでが経費になるのか

  • フリーランスにおすすめの確定申告が楽になるツール

を紹介します。

適切に確定申告をすることによって税金が還付され、思わぬ得をすることもありますので是非ご一読ください。

フリーランス確定申告をしなければならない所得の基準

あなたが正社員の頃は確定申告をご自身で行う必要はなかったかと思いますが、フリーランスとして働いているのであればで基本的にはご自身でしっかりと確定申告を行う必要があります。

確定申告には「白色申告」と「青色申告」の2種類があります。「青色申告」のメリットは65万円の特別控除が受けられるということですが、手間が増えるというデメリットもあります。

ここではそんな「確定申告」について詳しくご紹介します。

確定申告って?

「確定申告」とは1月1日~12月31日の所得(収入‐経費)から税額を計算し、原則、翌年の2月16日~3月15日のあいだに税務署に報告・納税します。住民税や国民健康保険料なども所得に応じて金額がかわってきます。

専業のフリーランスは所得が38万円を超えたら確定申告が必要

フリーランスにとって確定申告は絶対に必要ではありません。必要かどうかは働き方などで変わってきますので以下でそれについて詳しく説明します。

専業のフリーランス

先程説明したように所得とは「収入‐経費」のことなので、収入が500万円でも経費に480万円掛かっていれば所得は10万円で確定申告は不要です。

副業のフリーランス

サラリーマンやアルバイトなどで給与収入を受けながら副業としてフリーランスを行っている方の場合、ボーダーラインは「給与以外の所得金額が20万円以下かどうか」です。

売上が27万円で、経費に12万円かかった場合 27万円(売上)ー 12万円(経費) = 15万円(所得)

例えば、この場合は所得が20万円以下(15万円)のため確定申告を行う必要はありません。

売上が27万円で、経費に万円かかった場合 27万円(売上)ー 5万円円(経費) = 22万円(所得)

この場合は所得が20万円以上(22万円)のため確定申告を行う必要があります。

フリーランスが関係する税金まとめ

フリーランスは6つの税金を納める必要があります。

  • 所得税

  • 住民税

  • 国民保険税(料)

  • 国民年金保険料

  • 個人事業税

  • 消費税

それでは、1つずつ見ていきましょう。

所得税

所得税は個人が所得に応じて国に支払う税金のことです。フリーランスにとって所得税は最も税率が高い税金です。

住民税

住民税とは個人が都道府県と市区町村に支払う税金のことです。所得に基づいて税額が決まる「所得割」と住んでいる市区町村によって決まる「均等割」の2つから成ります。住民税は所得が0であっても納める義務があります。

所得税の場合、「今年の収入×税率」を今年支払います。一方、住民税は「今年の収入×税率」を翌年納めます。前年の収入が多いほど、その次の年は税金が上がるということですので、年によって収入が大きく変動することが多いフリーランスの方はは注意しましょう。

国民健康保険税

フリーランスになると社会保険がないため新たに国民健康保険に加入する方が多いです。国民健康保険に加入すると「国見健康保険税」の支払いが義務となります。保険料は居住している市区町村によって異なります。

国民年金税

国民年金税は20歳以上60歳未満の国民全ての方に加入義務と支払い義務ががあります。

個人事業税

サラリーマンには課されませんが、個人事業主に課されるのが「個人事業税」です。 都道府県に対し、所得が290万円を超えた分について3%~5%の税率がかかります。

消費税

原則として2年前の売上高が1,000万円を上回る場合に発生します。つまり、売上高が1,000万円未満、開業から2年間は納税義務が免除されるのです。

今後、売上高が1,000万円を超えることが予測される場合は注意が必要です。

関連記事

  1. フリーランスは年収いくらから確定申告する?確定申告をするべき人と基準 1/3

  2. フリーランスは年収いくらから確定申告する?確定申告をするべき人と基準 2/3

  3. フリーランスは年収いくらから確定申告する?確定申告をするべき人と基準 3/3

フリーランスITエンジニアのガイドブック フリーランスエンジニアのためのナレッジサイト - フリナレ フリーランス協会/個人事業主や副業人材のためのインフラ&コミュニティ エンジニアフレンドリーシティ福岡

アクセス

東京本社

〒150-0021
東京都渋谷区恵比寿西1-16-6
モワビル3F

大阪支社

〒531-0071
大阪府大阪市北区中津1-15-15
第2リッチビル4F

福岡支社

〒810-0041
福岡県福岡市中央区大名2-6-11
Fukuoka Growth Next(受付)