Scalaの案件・求人・仕事の検索一覧

Scalaは、javaプラットフォーム上で動作し、静的型付けを行なう関数型の言語です。既存のjavaのプログラムとも簡単に連携することが可能で、javaより簡単に無駄なくプログラミングすることができます。大規模な開発にも、簡易なプログラミングのも利用できるポテンシャルを持っており、今後情報システムを中心に採用例が増えていくと考えられます。現在Scalaは主にWebアプリケーションに使われており、Webアプリケーション開発を希望するエンジニアの方にとっては、Scalaが扱えることは大きな武器にもなるでしょう。

Scalaの案件・求人情報

該当件数31件中130件を表示

50万円~Scala

【Scala】スマホのゲームアプリ開発


60万円~Scala

【Scala】スマホのゲームアプリ開発



70万円~Scala

【Scala】不動産サイト開発案件


80万円~Scala

【Java、Scala】サーバーサイドエンジニア



70万円~Scala

【Java/Scala】サーバサイドエンジニア


80万円~Scala

【Scala】ソーシャルゲーム開発



70万円~Scala

【Scala】新規事業の開発、改善作業



70万円~Scala

【Scala】サーバサイドエンジニア


該当件数31件中130件を表示

Scalaとは

Scalaとは、オブジェクト指向言語と関数系言語の特徴を統合した、マルチパラダイムのプログラミング言語のことです。基本的には、Javaの仮想マシン上で動き、既存のJavaのプログラミングと容易に連携されることができます。つまりScalaは、Javaとの互換性を第一に考えられた言語です。
 
Twitterや、ニコニコ動画の生放送、大手会社の広告システムなどで採用例があり、日本でもScalaの採用例は増えてきています。
 

Scalaの4つの特徴

Scalaは、Javaとの互換性を第一に考えられた言語なのですが、Javaにはない特徴をかね揃えていることも特徴です。他にある大きな特徴を4つご紹介します。
 
・オブジェクト指向言語と関数系言語を合わせたマルチパラダイム
Javaをベースとしたオブジェクト指向言語上に関数系の機能を表現することでマルチパラダイムを表現しています。関数はオブジェクトで、メソッドをもとに関数オブジェクトが生成されて渡します。
 
・SHEの法則
Shrink(縮小)、Hide(隠蔽)、Embody(具体化)の法則の応用を可能にしています。SHEの法則を実行することは、小さ目の関数をクラスの最後に持ってくることや、「private」を関数の先頭に使うより効果的で、複雑なコードを減らすことが出来ます。
 
・簡潔に記述でき、エラーチェックが可能
ScalaはScript言語のよう簡潔に記述出来るよう設計されており、Javaの1/2程度のコード量で済みます。また、静的型付けコンパイル言語のため、JavaやC++同様にコンパイル時のエラーを検出することができます。
 
・時代の変化にあわせた言語設計
時代の変化にあわせた言語設計がされており、効率的な並列実行を行う機能が標準で搭載されています。
 

Scalaとオブジェクト指向言語との関係性

Scala は、Javaとの互換性を第一に考えられた言語ですが、RubyやPHPなどのJavaの仮想マシン上で開発が出来るオブジェクト指向言語であれば、Scalaに移行したり取り入れたりすることが出来ます。

Scalaの需要と平均収入

Scalaは日本だけではなく世界規模で人気あり

Scalaは、Javaの1/2程度のコード量で済むうえ、効率の良い開発、バグの軽減などのプラスのメリットを豊富にかね揃えております。そのため、新しいサービスを素早くリリースし、機能変更を繰り返しながらフィードバックに応じて修正をしていく開発に非常にマッチしており、導入する企業も増えています。
 
日本では、ニコニコ動画の生放送や大手会社の広告システムでの採用例があります。そして日本だけではなく、アメリカのTwitterやLinkedInもScalaを採用しています。
 

Scala案件の傾向

Scalaの案件・求人情報でよく見かける内容の傾向としては、5つあります。
 
・ゲーム開発
ソーシャルゲームのサーバサイド開発でScalaが使用されます。
 
・ビッグデータ関連
大規模データの加工や変数作成処理などでScalaが使用されます。
 
・Webアプリ開発
新技術への移行に意欲的な企業や、少人数で短期間開発を行いたい場合にScalaが使用されます。
 
・検索エンジン関係
基幹エンジン部分のチューニング、新規データの取り込み石器、スケーラビリティ確保のための分散処理開発などでScalaが使用されます。
 
・アドテク関連
さまざまな広告系ツールを開発したり、スクラム開発方式でアジャイル開発を行う場合にScalaが使用されます。
 

Scala案件の平均収入

JavaやPHPに比べて、Scalaのエンジニアの数自体が少ない傾向にあります。そのため、企業側が少人数で短期間の間に開発したく、Scalaを求めていてもエンジニアがおりません。このような理由もあり、Scalaエンジニアの平均収入は他の言語と比べると高めになっている場合が多いです。
 
Scalaの実務経験なし  :30万円
Scalaの実務経験1年ほど:45万円
Scalaの実務経験3年ほど:60万円
Scalaの実務経験5年以上:70万円以上
 
いち早く収入を上げたい人は、ScalaとプラスしてJavaやRubyなどの経験もあると考慮されやすくなります。また、コミュニケーション能力がある方は、要件定義やPL(プロジェクトリーダー)を目指して収入アップをしてみてください。
 

Scalaエンジニアの生の声

【Aさん(20代/男性/Scalaの実務経験1年、Javaの実務経験2年半】
参画案件: Web・バッチシステム開発
初回収入:48万円
現在までの期間:2カ月
本人の声:正社員で給料が全然上がらず、思い切って初フリーランスに挑戦してみました。フリーランスになるメリットだけではなく、デメリットも丁寧に話してくれて安心できました。もっとScalaのスキルをアップさせたいので、今後も頑張ります。
 
【Bさん(40代/女性/ Scalaの実務経験2年、Javaの実務経験6年】
参画案件: FXアプリ開発
初回収入:72万円
現在までの期間:8カ月
本人の声:子供の送迎があるため、残業無の仕事を求めて登録しました。今の現場ではScala以外にも新しい言語にも触らせてくれるので楽しいです。
 
今回は2名のエンジニアさんにご協力頂きました。ありがとうございます。Bさんように、Scalaの経験が少なくても、Javaなどのオブジェクト指向言語経験があれば収入は上がりやすくなります。
 
弊社の運営サイト”フリエン”の半分以上の案件が未掲載ですので、少しでも気になる方はご連絡頂けましたら幸いです。ご連絡、お待ちしております。