PHPの案件・求人・仕事の検索一覧

PHPは、Webプログラマーにとって欠かせないスキルの一つです。使い方も多様で、Webシステムの開発に携わるのであれば、ぜひ取得しておきたいスキルといえるでしょう。PHPを用いたサイトは、2013年で2億4,000万サイトを突破し、今後も伸びていく予想です。それに伴い、PHPを活用できるエンジニアの需要も高まっています。約5,000件以上の案件を取り扱う当社でも、PHPに関連する案件は1,000件近く用意しております。特に、Web開発、ゲーム開発に興味・関心のある方は、PHPを要する案件から探してみてはいかがでしょうか。

PHPの案件・求人情報

該当件数1221件中130件を表示
70万円~PHP

【PHP、 Linux、LAMP】動画配信システム案件


40万円~PHP

【LAMP】会員管理システムの開発



50万円~PHP

【PHP】集計情報表示システム開発支援


60万円~PHP

【PHP,Linux,Apache,MySQL】会員アプリ開発



70万円~PHP

【PHP/CakePHP】医療系システムのリプレイス案件



50万円~PHP

【PHP/LAMP】情報ポータルサイト開発


50万円~PHP

【LAMPエンジニア】スマートフォンサイト




60万円~PHP

【PHP、Oracle】ECサイト案件


50万円~PHP

【PHP、Cake】口コミサイト開発


該当件数1221件中130件を表示

PHPとは

PHPは、動的なWEBページを実現することを主な目的とした、サーバサイドのスクリプト言語です。わかりやすい文法なので比較的初心者でも習得しやすいうえ、小規模~大規模開発まで出来るため、様々な開発で採用されています。また、豊富なライブラリと多くのフレームワークが存在しています。
 
構文は、C言語、Java、Perl等のプログラミング言語から借用しており、動的なWEBページを手早く作成できる特徴があります。
 

PHP案件が人気の秘密

WEB開発でよく見かけるPHPですが、WEBページの記述に特化したサーバサイドスクリプト言語です。ですが、サーバサイドだけに留まらず、クライアントサイドでも使用することができ、非常に汎用性が高いことで人気があります。
 
・ 世界的シェアが高い
・標準ライブラリが豊富
・ドキュメントが充実している
・コンパイル不要で作業効率が良い
 
といったメリットがある上に、世の中のニーズにあった「動的なWEBアプリケーションが作れる」ということから、まだまだPHPの人気は高そうです。
 

現場需要と平均収入

IT技術が進化し続けている世の中ですが、技術の進化とは裏腹にエンジニアの人口が減少しており、常にエンジニア不足が嘆かれています。WEBアプリケーションの3~4割ほどがPHPと言われている中、エンジニア不足が拍車をかけており、PHPエンジニアの需要は高まるばかりです。一番気になるPHPの月の平均収入ですが、経験やFW経験、スキルにより幅は広くなっています。今回は、週5のフル常駐勤務の場合の月の平均収入をご紹介します。
 
PHPの実務経験なし  :28万円程
PHPの実務経験1年ほど:40万円程
PHPの実務経験3年ほど:60万円程
PHPの実務経験5年以上:60万円以上
 
開発工程の違いも収入に関わってきますので、スキル見合いの開発現場が多いですが、要件定義や・調査分析が出来る方であれば収入の交渉が出来る場合もあります。まずは気になる案件・求人・仕事の情報がありましたら、お気軽にお問い合わせください。
 

PHPの案件にも在宅求人がある

結論から言うと、8~9割ほどは常駐案件になります。ただ、在宅は0ではありません。まず始めは客先に常駐して実績を積み、信頼を勝ち取ることが出来たら持ち帰って在宅勤務にしても良いという場合もあります。基本的に、ホームページ開発やゲーム開発などのWEB系企業に比較的見られるパターンです。
 
また、週3や4でも大丈夫という企業もありますので、随時相談してください。ただし、在宅や週3勤務にこだわりすぎると、なかなか仕事が決まらない可能性がありますのでご注意ください。
 

PHPエンジニアの良いところ

PHPエンジニアは、基本的にサーバサイドの開発が強くなります。それだけではなく、WEB関連においての大半にPHPが関わってきます。WEBサイト、ソーシャルゲーム、アプリ開発などの種類があり、1つの業種特化ではなくいろいろな案件に応用が利きます。
 
また、時代のニーズに合わせて動的なWEBサイトが主流になっています。そのためPHPの案件が急激に増えており、Javaに続くほどの案件数があります。自分好みの仕事を見つけるチャンスも増えます。
 

PHP案件の開発環境|FW、LAMPや仮想環境経験があると良い

PHP単体の開発案件もありますが、何かしらのフレームワーク経験がある方が、仕事探しの幅が広がります。また、サーバサイド開発が中心となっている企業の場合は、LAMP環境(Linux・Apache・MySQL・PHP)経験があれば、優遇されやすくなっています。近年では、WEBアプリやゲーム開発現場では、AWSなどの仮想サーバ経験も問われることが多いです。
 
仕事を獲得するためには、必要最低限、自分自身の行ってきた事と、開発環境や担当作業については応えられるようにしておくことが必要です。
 

PHPエンジニアの生の声

エンジニアのための情報サイト”フリエン”を運営している弊社から、PHP案件に参画して頂いた方を少しだけご紹介します。
 
【Aさん(男性/20代/PHP経験半年)】
参画案件:医療系ポータルサイト開発
初回収入:39万円
現在までの期間:2年1カ月
本人の声:
前職の給料が全然上がらず、初めてのフリーランスでしたが丁寧に説明していただいて、無事お仕事が見つかりました。仕事中も悩んだこともありましたが、親身に相談に乗ってくれるので、長く続けることが出来ています。もっと自分自身のスキルを磨き、精一杯頑張ります。
 
【Bさん(男性/50代/PHP経験ブランク6年)】
参画案件:企業向けパッケージ開発(JavaからPHPに変更)
初回収入:52万円
現在までの期間:8カ月
本人の声:
別業種からの出戻りで、ブランクがありましたが何とかしてくれました。最初はブランクを懸念されていましたが、実績を作るとすぐに現場に掛け合ってくれたので凄く嬉しかったです。
 
 
このように、直接コメントを頂けるエンジニアもおり、私どもも非常に感謝しております。
初めてのフリーランスから、長年フリーランスをやっている方まで、誠心誠意を持って最後までフォローさせて頂きます。
 
半分以上の案件が”フリエン”未掲載ですので、少しでも気になる方はご連絡頂けましたら幸いです。ご連絡、お待ちしております。
 

フリーエンジニアがPHPの案件獲得率を上げる方法

フリーエンジニアがPHPの案件獲得率を上げる方法ですが、サーバ側の開発もしくは画面側の開発の自分の得意なスキルを伸ばすことです。あれもこれもと幅広くやるよりは、得意な部分を伸ばした方が、スキルが身につきやすいです。
 
また、PHP案件を獲得するために一番求められることは「PHPでの開発経験」です。次に「フレームワーク経験」が求められます。オープンソースのフレームワークも存在しますので、まずは独学でも良いので触ってみることから始めてみてください。