2016.06.09フリーランスの基礎知識

職種別フリーランスが習得すべき資格と効率的な勉強方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Ed0c91b7 3514 4a27 9fb5 4589a1f52e93
フリーランスが資格をとる理由は、業務に関わる資格を所持していれば案件を獲得する際に有利になるからです。正社員や契約社員の場合は資格よりも実績が重視されますが、定期的に職場が変わるフリーランスの場合は資格によってスキルの明確化ができますので、所持していて不利になるケースはありません。

ただし、自分のスキルに合っていない資格を持っていたとしても宝の持ち腐れになってしまいます。まずは自分のスキルにあった資格を取ることを優先してください。その次に、プラスアルファになる資格を取りましょう。資格習得・検定費用は安くはありませんので、今回はおすすめの検定と教材をご紹介します。

 
10,000件以上の案件から希望の案件をご紹介!

未公開案件も多数ありますので「まずは相談したい。」という方もお気軽に登録ください。

あなたに合ったフリーランス案件を探す
Banner free wide 037b570405fddeb419957475d18a005501589cadc55bfe73d5000335887322fd
【目次】
資格を習得すべき人としなくてもよい人
資格を習得すべき人  
資格習得しなくてもよい人
フリーランスにおすすめしたい資格とおすすめ教材
WEB系エンジニアにおすすめの資格
OPEN系エンジニアにおすすめの資格
インフラ・ネットワークエンジニアにおすすめの資格
コンサルティング系におすすめの資格
WEBデザイン・ゲームクリエーターにおすすめの資格
その他でおすすめの資格
時間がない中での効率的な勉強方法
優先順位をつけ無駄を避ける
日数ではなく、時間単位でスケジュールを立てる
記憶を定着させる 
資格習得費用は経費計上できるのか
資格以外にフリーランスが身につけるべきこと
まとめ
 
 
 

資格を習得すべき人としなくてもよい人


 
全員が資格を習得すべきかといえば、一概にそうだと言えません。よく”経験がものを言う”と言葉を耳にするかと思います。専門職の色が強いため、経験があればれるだけ有利になります。逆に若い方は経験が少ないため、どれほど勉強したのかが評価につながります。このようにケースバイケースですので、習得するべき人としなくても良い人を明確にしてみました。
 

資格を習得すべき人

資格を習得するべき人を大きく3つに分けてみました。
・若手で経験が浅い人
・半年以上のブランクがある人
・専門職の仕事をしたい方

それぞれを詳しく見ていきましょう。
 
【若手で経験が浅い人】
経験が浅いため、スキルシートで判断が付きにくくなっています。そのため、どれだけ勉強したのかを資格欄で読み取ります。多ければ多いだけ良いのかと疑問に思う方もいるかと思います。どちらかと言いますと、多いだけより本人がどんなスキルで今後どういうエンジニアになりたいのか明確にすることが大事です。あれもこれも取れるだけ資格をとっても、面談者はこの人は一体どんなスキルが身についているのか・どんなエンジニアになりたいのかわかりません。それならば、たった1つでもいいのでスキルとマッチしている資格を持っていることが重要になります。
 
【ブランクがある人】
一時期、別業種に転職していてIT業界に戻ってくるという方は少なくありません。その間に何をしていたのかも重要になりますが、面談者はキャッチアップがどれくらい早いか・即戦力になるかを見てきます。そこで、ブランク期間にきちんと資格を習得しておけば戻ってくる意思があり、しっかり勉強していたのかと評価してくれます。プラスアルファで、趣味の範囲でも手を動かしたなどとアピールできれば、もっと有利になります。
 
【専門職の仕事をしたい方】
俗に言うスペシャリストという資格を持っている方限定の募集や、インフラに多いのですがサーバー・ネットワークの資格を必須項目にいれて募集をしている案件情報は少なくありません。1つのスキルを特化させたい方は、スキルにあった資格を中級・上級と所持しておくと有利になります。上級の資格を所持している方が少ないため、アピールにもなります。
 
とくに、インフラ・ネットワーク系のエンジニアの場合はアプリやシステム開発のエンジニアに比べて、資格取得が面談で有効になります。有名なベンダーの資格が多くあるため、資格を重視する傾向がある職種です。また、資格取得をしていれば顧客から信頼を得られやすいという利点もあります。
 
 

資格習得しなくてもよい人

逆に資格を習得しなくてもよい人は、経験豊富な方です。時間とお金を持て余している方は、資格を取得してみても良いかもしれませんが、経験豊富であれば資格以上の知識と技術が身についていますので資格は不要です。筆者が見てきた中では、職場で取得して欲しいから受けてみたという経験豊富な方もいますが、そういう方はほとんど勉強せずに合格しておりました。
 
 

フリーランスにおすすめしたい資格とおすすめ教材



資格取得をする・しないは、あなたご自身で選んでください。資格を持っていなければお仕事にありつけないというわけではありません。ただ、面談時に少しでもアピールできるポイントが増えれば増えるだけ有利になります。
 
今回は、よく見かける検定・仕事の募集要項にある検定を中心にご紹介します。一緒に、認定教材やおすすめ教材をAmazonのレビューを交えてご紹介します。なお、問題集やシリーズは発売日が新しい教材をリンクしています。
 

WEB系エンジニアにおすすめの資格

PHP技術認定試験

コース:初級・上級・準上級・ウィザード
受験料:初級/12,000円、上級・準上/15,000円
ウィザードはPHP技能検定上級に合格してから2年以内の方限定で公開審査
その他:初級・上級・準上級はペーパーテストのみで、ウィザードはPHP技能検定上級に合格してから2年以内の方限定で、期日までに論文・コードの提出をしての公開審査です。
 
《おすすめの教材》
初めてのPHP5
レビュー数:4件/平均スター数:3.5
主教材とされており、主にこの教材の中から問題が出題されております。初めてのPHP5と書かれておりますが、ある程度何かしらの言語でプログラムを組んだことがないととっつきにくいかもしれません。ただ、試験はこの教材から出題されますので手元にあると良いでしょう。
 
PHP5技術者認定初級試験合格教本
レビュー数:7件/平均スター数:2.6
基礎知識がない初心者むけの概要、説明、サンプルコードが書かれております。PHPの入門としてもわかりやすく、ポイントやコメントも書かれております。
 
徹底攻略 PHP5 技術者[初級]試験問題集
レビュー数:6件/平均スター数:4.2
本自体はそこまで厚くありません。さくさくと解けてしまうかもしれませんが、どこが大事な知識なのかわかりやすく、問題がまとまっております。この問題集が8~9割解けるようになれば、基本の知識が入ってきている証拠になります。
 

HTML5プロフェッショナル認定資格

コース:Level.1、Level.2
受験料:各15,000円
その他:HTML5、CSS3、JavaScriptなどマークアップ技術・知識の認定資格です。Level.2ではJavaScriptのプログラミング能力も必要となってきます。新卒であればLevel.1で大丈夫ですが、JavaScript経験を問われる現場が多いため、フリーランスは基本的にLevel.2を取得しておくと良いです。
 
《おすすめの教材》
HTML5プロフェッショナル認定試験 対策テキスト&問題集 ※リンクはLevel.1
レビュー数:4件/平均スター数:3.8
公式サイト認定のテキストですが、サンプルコードの参考がないため、資格試験対策用に1冊持っていると良いです。問題もこの教材の中から出題されている場合があります。ある程度、HTMLの知識がある方向けと考えてください。
 
HTML5プロフェッショナル認定資格 レベル1 教科書
レビュー数:8件/平均スター数:2.1
資格試験対策の教材の1つです。正直言うと初心者には入りにくいですが、認定教科書ですので、この内容からも出題されます。
 
スラスラわかるHTML CSSのきほん
レビュー数:40件/平均スター数:3.9
HTML初心者におすすめの教材です。試験対策とは別に、基礎を学びたい方におすすめです。フリー素材をインストールして実際に使用できる点もいいですが、基礎知識の説明が細かく書かれているので分かりやすい内容になっております。

 

OPEN系エンジニアにおすすめの資格

Javaプログラミング能力認定試験

コース:3級・2級・1級
受験料:3級/5,100円、2級/6,200円、1級/7,600円
その他:3級と2級はプログラミングの知識・技能に関する筆記のみですが、1級はプログラムも入ってきます。2級を所持しておけば、一般的な概念の理解の目安になります。
 
 
《おすすめの教材》
わかりやすいJava入門編
レビュー数:3件/平均スター数:2.7
プログラミング自体初めての初心者にも分かりやすい入門教材です。説明が繰り返しされていますので、初心者の意識付に丁度良いです。ある程度Javaの知識がある方には物足りないかもしれません。
 
Java™プログラミング能力認定試験 過去問題集
レビュー数:-件/平均スター数:-
公式サイト認定の過去6回分をまとめた問題集になります。どんな問題が出題されるのかを見るためにはよいです。試験対策として使用してください。繰り返し出題されている問題も中にはあります。
 
スッキリわかるJava入門
レビュー数:66件/平均スター数:4.6
何冊かシリーズになっておりますが、第2弾でしゃオブジェクト試行の三大機能についての解説も多く書かれております。何かしらのプログラミングがわかる方であればすぐに理解できます。また、解説もイラストでされているため、初心者でもわかりやすく書かれています。
 

C言語プログラミング能力認定試験

コース:3級・2級・1級
受験料:3級/5,100円、2級/6,200円、1級/7,600円
その他: 3級はプログラミングの知識・技能に関する筆記のみですが、2級は500行ほどのプログラム、1級は言語処理、ユーティリティなどの応用プログラムが作成できるかが問われます。基礎プログラミングがあるため、2級を所持しておくとアピールポイントになります。
 
《おすすめの教材》
わかりやすいC 入門編
レビュー数:6件/平均スター数:3.7
開発環境のサポートまで書かれておりますが、ゼロからスタートの偏りは、多少プログラミングについての知識がある方の方がわかる内容です。認定試験の推薦教材の1つなので、試験対策に所持しておくと良いです。
 
新訂 新C言語入門 シニア編
レビュー数:21件/平均スター数:4.3
試験対策の問題はないのですが、わかりやすく書かれているうえ、今後のステップアップの際に辞書代わりになる教材です。試験以外に、現場で仕事をする際に所持しておけば、いつでも調べることができるので心強いです。
 
C言語プログラミング能力認定試験 過去問題集
レビュー数:-件/平均スター数:-
過去4回分の過去問題を掲載している認定問題集になります。どんな問題が出題されるのかを見るためにはよいです。試験対策として使用してください。繰り返し出題されている問題も中にはあります。

 

インフラ・ネットワークエンジニアにおすすめの資格

Oracle Master

コース:10g、11g、12gの中で、各ブロンズ・シルバー・ゴールド・プラチナ
受験料:
ブロンズ・・・会場:44,520円/オンライン:36,540円
シルバー・・・会場:66,780円
ゴールド・・・会場:89,040円+講習費210,000~430,000円
プラチナ・・・会場:294,000円+講習費680,000円~
※全て、無資格からの必要費用になります。必要試験を受けている方はもう少し安くなります。
 
その他:現在、ブロンズはオンライン受講もでき、受験料も安いため受けたい方はオンライン試験をおすすめいたします。案件情報の中でもよく必須スキルに書かれていることが多いため、Oracleに特化したい方は後々でも取得しておくと有利になります。受験料は少しお高めになりますので、勉強は必死に行ってください。
 
《おすすめの教材》
オラクルマスタースタディガイド
レビュー数:3件/平均スター数:3.7
章ごとにテーマが明確に記載されておりわかりやすいです。知識がついたあとに、模擬試験もあり実践的で試験対策にはおすすめです。
 
絵で見てわかるOracleの仕組み
レビュー数:14件/平均スター数:4.1
初心者向けではありますが、プロセスの挙動や内部動作の概要がわかりやすく絵で掲載されております。暗記というよりは、イメージして脳に印象付ける本ですので、文字が苦手な方は持っておくと便利な教材になります。
 
オラクルマスター教科書 ※リンクはブロンズ
レビュー数:2件/平均スター数:5.0
オラクルExcellent Instructor賞を8年連続受賞している教材です。解説と問題集の2冊構成の教科書で、少し問題集の難易度が低い気がしますが、テキストがわかりやすく飲み込みやすい解説になっております。
 

CCNA/CCNP

コース:CCNA、CCNP
受験料:CCNA/35,400円、CCNP/20,400~35,400円
その他:Cisco社が認定するネットワークに特化した試験です。CCNAはネットワークの運用に関する基礎知識・LANスイッチングの技術やIPに関わる技術知識・トラブルシューティングなどの項目の複合型試験です。CCNPはCCNAを取得している方が受けられる上位資格になります。KAN、WANなどのネットワークの設計~テスト・トラブルシューティングに加えて、セキュリティや音声・ワイヤレスなどの協同業務で必要な知識が問われます。CCNP保有者は少ないですが、運用保守の方でCCNAを取得していますとアピールになります。
 
《おすすめの教材》
徹底攻略Cisco CCNA問題集
レビュー数:2件/平均スター数:3.5
CCNA受験者の間では、通称「黒本」と呼ばれるものの1つです。基本問題から応用問題まで掲載されており、説明も掲載されております。この問題集を叩き込んでおけば、基本問題は回答できるようになります。試験対策に役立ててください。
 
CISCO CCNP TSHOOTテキスト 642-832対応
レビュー数:5件/平均スター数:5.0
基本設定の説明から入るため、初心者にもわかりやすく順を追って解説されております。また、実務で使用できるconfigが書かれており、初心者がよく躓く疑問点も解消されます。サイズが大きいため、持ち運びには不便ですが、内容はおすすめできます。
 
1週間でCCNAの基礎が学べる本
レビュー数:1件/平均スター数:5.0

初心者に分かりやすい、入門のための教材です。CCNAの基礎と書いてありますが、ネットワークの基礎知識を丁寧に解説しているため、今からネットワークについてを勉強し始める初心者におすすめの教材です。

LPIC

コース:LPIC1、LPIC2、LPIC 3
受験料:LPIC1・LPIC2/1試験15,000円、LPIC3/20,000円~35,000円(科目による)

その他:世界共通のLinux技術者認定制度です。本部はカナダにあり、世界統一で基準化されているためアピールポイントとしては役立ちます。” LPIC”はサーバーの運用保守をメインに構築までの基本知識・操作方法のテストになります。” LPIC 2”はサーバーに加えて、ネットワークの構築・導入・維持・トラブルシューティングの基本知識・操作方法も入ってきます。レベル1・2ともに試験が2種類あり、01と02の両方に合格する必要があります。Linuxの若手の技術者であれば、面談時によくLPICは持っているかと問われることが多いので、1でも2でも取得しておくとアピールポイントになります。”LPIC3”ですが、応用実務の試験で技能も範囲にはいるため、スペシャリストの方はよく受けられます。項目は、Linux・Unix・Windowsが混在する設計~保守までのSpecialty Mixed Environmentと、セキュリティレベルの高いコンピューターシステムの設計~保守までのSpecialty Securityと、クラウドコンピューティングシステムの設計~保守までのSpecialty Virtualization&High Availabilityの3項目があり、どれか1つに合格するとLPIC3の取得ができます。

 
《おすすめの教材》
LPIC Level1 1回で合格必達テキスト+問題集
レビュー数:16件/平均スター数:3.5
Linuxをゼロから始める人でも分かりやすい、解説付きの問題集です。この教材1冊でも、最低限の知識が身につくうえに、基礎問題をこなせますので最初の試験対策教材におすすめです。
 
Linux教科書 LPICレベル1 スピードマスター問題集
レビュー数:7件/平均スター数:5.0
この教材からいくつか出題されますので、試験対策に解いておくと良いです。重要度も3段階で掲載されており、短時間で集中的に勉強したい方にはおすすめできます。インターネット上でのクチコミも高評価となっております。
 
1週間でLPICの基礎が学べる本
レビュー数:7件/平均スター数:4.4
試験情報や練習問題を行いたい人にプラスして、試験に関係なく基礎を固めておきたい人にもおすすめできる教材です。多少触っている方にも、改めて為になる情報が掲載されておきますので、曖昧な知識ではなく基礎の土台作りにおいて力を発揮してくれます。

 

コンサルティング系におすすめの資格

PMP(プロジェクトマネジメント・プロフェッショナル)

コース:PMP
受験料:555ドル(日本円で約60,000円)
その他:PMI本部が認定している、プロジェクトマネイジメントに関する資格です。国際的に統一されており、プロジェクトマネイジメントに関する経験・教育・知識を図ります。”高卒以上の方”は、7500時間以上の実務経験と60ヶ月のPM経験。
“大卒以上の方”は4500時間以上の実務経験と36ヶ月のPM経験が必要です。
PMP取得までに長い経験と時間を要するため、PM案件に携わえる方ですと優遇される傾向があります。
 
《おすすめの教材》
PMP試験合格虎の巻
レビュー数:11件/平均スター数:4.5
各プロセスの簡単な説明のあとに、問題集となっている教材です。基本問題はもちろん、かなり引っ掛けの応用問題まで掲載されております。日本語特有の曖昧な引っ掛けもありますので、気をつけて読む癖もつきそうです。
 
プロジェクトマネイジメント国際資格の取り方― すべてのプロジェクトを国際標準にする注目の資格PMP
レビュー数:26件/平均スター数:4.3
試験対策だけではなく、プロジェクトマネイジメントの本質も書かれております。今一度、自分を見直して本質を見出してくれるような内容ですので、資格を取ろうと思っていない方にもおすすめできます。
 
PMP教科書 Project Management Professional
レビュー数:6件/平均スター数:2.8
解説と問題集の両方が掲載されております。原書が英語のため、日本語への和訳がわかりにくい部分はありますが、プロジェクトマネイジメントの基礎知識体型はもちろん、インプット・アウトプットの資料も出てきます。ただし初心者向けではなく、実務経験がある方向けとなっておりますので多少難しい内容となっております。

 

ITストラテジスト試験

コース:ITストラテジスト試験
受験料:5,700円
その他:経営戦略に基づいてIT戦略を行う方におすすめの認定試験です。業務改善やコンサルに龍触りたい方むけの内容となっております。難しいことを書いておりますが、比較的知識のみで受かる試験のため、後々コンサルを目指したい若手が所持しているということもありますので、興味がある方は難易度に尻込みせずに勉強してください。知識問題は比較的少ない傾向にあります。

 
《おすすめの教材》
この1冊ですべてわかる 経営戦略の基本
レビュー数:24件/平均スター数:4.5
実務に役立つには、内容が基礎よりですが、経営戦略に関わる基本的な知識が吸収できます。試験対策の基礎固めにおすすめの内容となっております。また、分析ツールの紹介もされております。
 
情報処理教科書 ITストラテジスト 2016年版
レビュー数:2件/平均スター数:3.0
ITストラテジストの午後の試験に特化した教材です。経営戦略の説明ではなく、完全に試験用に特化した教科書になっておりますので、用語がわからない方は別の教材も一緒に購入する必要があります。
 
ITストラテジスト合格論文の書き方・事例集
レビュー数:3件/平均スター数:4.7
午後の論文試験に特化した専用教材になります。論文が苦手な方でも教材に入っているワークシートを順番に埋めていけば、ある程度の水準まで底上げできる良心的な内容になっております。
 

 

WEBデザイン・ゲームクリエーターにおすすめの資格

WEBデザイン技能検定

コース:3級、2級、1級
受験料:3級/10,000円、2級/18,500円、1級/32,000円
その他:WEBデザイナー用の国家資格になります。3級は誰でも受けることができますが、2級は2年以上の実務経験もしくは、協会が定めた科目・学校を卒業したことのある方のみが受験できます。
1級は、さらに7年以上の実務経験、もしくは協会が定めた科目・学校を卒業し3年以上の実務経験、もしくは2級取得後に2年以上の実務経験がある方のみ受験できます。若手の方であれば、2級を取得している方でしたらアピールポイントになります。また、国家試験ですのでそれだけでも話の話題になりますので、面談時の印象に残りやすい傾向にあります。
 
《おすすめの教材》
Web標準の教科書
レビュー数:39件/平均スター数:4.2
文字のボリュームがある内容なので、初心者の方はうんざりしてしまうかもしれませんが、内容は性格で基礎から応用まで、この1冊でHTMLやCSSについて、理解できる内容になっております。教科書とタイトルについているだけはあり、HTMLとCSSの違いの解説や、アクセシビリティチェック項目なども細かく掲載されております。
 
ウェブデザイン技能検定過去問題集
レビュー数:5件/平均スター数:3.0
問題集が少ない中、過去問題が掲載されております。最後の仕上げにこの問題集を繰り返し解いておくと良いです。同じ問題が重複するかというと可能性は少ないのですが、こういう案件がでるという雰囲気をつかむにはおすすめの問題集です。
 
Webデザインの新しい教科書 改訂新版 基礎から覚える、深く理解できる。
レビュー数:2件/平均スター数:5.0
背景・歴史・理由までも詳しく掲載されており、初心者でも入りやすい内容になっております。レスポンシブウェブデザインの考え方や、HTML5の説明など読みどころは満載でおすすめの内容です。

 

その他でおすすめの資格

ITパスポート

コース:ITパスポート
受験料:5,700円
その他:情報処理入門編の国家資格です。基本パソコン操作・Excelでデーター処理ができ、ITの知識・技術の基本が身に付きます。年齢が若い方は、持っておくことをおすすめします。平成21年に初級シスアド検定も整理統合されているため、ITパスポートの内容に含まれております。
 
《おすすめの教材》
ITパスポート試験 対策テキスト&過去問題集(よくわかるマスター)
レビュー数:16件/平均スター数:3.8
教科書と過去問題がセットになった教材です。今までの過去問題のほどんどが掲載されておりますので1400問とかなりの量なので、試験対策にはおすすめの内容です。また、基礎知識も入りやすいものから順番になっていますので、初心者の方にもおすすめできます。
 
改訂新版 ITパスポート最速合格術 ~1000点満点を獲得した勉強法の秘密
レビュー数:8件/平均スター数:4.1
受験者の大半が思う、「できるだけ楽に合格するには」という疑問に視点をおいて書かれています。初心者にもわかりやすく、試験だけではなくて仕事に出ても役立つ社会人マナーや知識や仕組みが満載です。最新版ではシラバスおよい試験の出題傾向に合わせた内容に修正されております。
 
かんたん合格 ITパスポート教科書
レビュー数:17件/平均スター数:3.5
時間がない人向けの教科書です。必要最低限知っておけばいけない内容をまとめてありますので、深く掘り下げたい方はこの1冊だけだと物足りないかもしれません。試験対策向けの教材になります。
 

基本情報技術者試験/応用情報技術者試験

コース:基本情報技術者試験、応用情報技術者試験
受験料:5,700円
その他:国家資格の「情報処理技術者試験」の中の区分の1つです。ITパスポートの次のステップの試験で、プログラミングに関する知識が求められます。アナログ式で、シャーペンもしくは鉛筆が必要なため、忘れてしまうと試験を受けることができなく、無駄金となりますのでご注意ください。
 
《おすすめの教材》
キタミ式イラストIT塾
レビュー数:7件/平均スター数:4.4
イラストが豊富で、初心者向きの教材です。自主的に受けたいというよりは、企業側から取得して欲しいと言われた方の方が入りやすい内容になっております。内容は頭に入ってきやすいのですが、掲載問題数が少ないため、試験対策には別途で問題集を購入する必要があります。
 
かんたん合格 基本情報技術者教科書
レビュー数:5件/平均スター数:4.6
ポイント・単語ごとにまとめられているので、わかりやすい内容になっております。初心者にも分かりやすいように、馴染みのある知っている言葉で解説されておりますので、途中で諦めることなく学習できます。各章ごとに過去問題も掲載されておりますので、イメージがつきやすくおすすめです。
 
基本情報技術者-大滝みや子先生のかんたんアルゴリズム解法
レビュー数:9件/平均スター数:3.9
プログラム未経験者でアルゴリズムが苦手な方向けの教材です。間違えやすい部分では、注意点やポイントが掲載されていますので、復習しやすく、基礎の土台作りがしっかりとできます。
 
余談ですが、基本情報技術者試験は、任天堂 DSで「技術評論社監修 基本情報技術者DS」というソフトが発売されております。初心者には不向きですが、繰り返しゲーム感覚で問題を解けますので、試験対策には有効です。
 

ファイナンシャル・プランニング技能検定

コース:3級、2級、1級
受験料:3級/6,000円、2級/8,700円、1級/約53,900円(協会代込)
その他:保険用語が身に付くだけではなく、年金や資産、不動産や相続に関する知識も身に付くため、取得していて損はありません。今後、保険系で仕事を探したい方におすすめです。
 
《おすすめの教材》
パーフェクトFP技能士入門
レビュー数:2件/平均スター数:2.0
少し細かい部分も網羅されておりますので、じっくり勉強したい方にはおすすめの内容です。過去問題を解く時にわからない部分などは、この教材があれば大半は解決できます。参考書というよりは教科書に近い内容の教材となっております。
 
みんなが欲しかった! FPの教科書
レビュー数:14件/平均スター数:5.0
初心者向けになっており、重要な言葉は赤字で掲載されておりますので、付属の赤いシートを使って繰り返し記憶することができます。金融財政事情研究会のFP技能検定だけではなく、日本FP協会のFP技能検定にも対応しております。基本問題から、細かい項目に分けられておりますので、わかりやすくおすすめです。
 
FP技能検定 精選過去問題集
レビュー数:4件/平均スター数:4.8
過去の出題傾向と頻度を解析して作られた問題集です。問題ごとに難易度を表示し、繰り返し勉強できる1冊です。項目ごとに分けられておりますので、自分の苦手な項目が明確になり、反復しやすいのでおすすめの問題集です。

TOEIC

コース:TOEIC
受験料:5,725円
その他:世界共通の英語によるリスニングとリーディングの評価試験です。合否ではなく、10点から990点までの点数で評価されることが特徴です。お仕事の傾向では平均750点以上の場合、優遇される場合があります。翻訳やオフショア、ブリッジSEを目指している方は持っておくと有利です。
 
《おすすめの教材》
TOEICテスト公式問題集 新形式問題対応編
レビュー数:49件/平均スター数:4.1
2016年5月29日のTOEICから傾向がかわりました。その内容に対応している公式問題集になります。変更点がわかりやすく掲載されている上に、音声CDもついているのでリスニングの勉強も出来、おすすめです。
 
新形式問題対応 これだけ! TOEIC TEST全パート完全攻略!
レビュー数:10件/平均スター数:4.4
初心者が引っかかりやすい、「toとforの使い分け」はかなりわかりやすく、例題のコラムはユニークで面白く書かれております。また、ひっかけ問題などは単語ではなく文章全体で把握するなど、陥りやすいミスも書かれており、おすすめできる教材です。
 
改訂版 TOEIC(R) TEST 英文法 出るとこだけ! TOEIC 出るとこだけ!シリーズ
レビュー数:26件/平均スター数:4.0
5日間でできる!と公言しているだけあり、パートごとにまとまっております。初心者向けというよりは、受かるコツが簡潔にまとまっているため、勉強のラストスパートに向けて試験対策を行う方におすすめです。
 

 

時間がない中での効率的な勉強方法


 
資格を取得したいが、仕事もやっていて時間がない。勉強なんて、学生時代のテスト前か受験の時しか猛勉強をしたことがない方が多いかと思います。参考書を一読した。単語帳を作って、空いた時間に読んだ。問題集を解くだけ説いた。という勉強方法が一般的です。ですが、本当に頭に入っているのでしょうか?また、1日にたくさんの時間を取れるわけではないので、短期集中型で詰め込む方も少なくありません。もちろん、勉強が嫌いな人もいます。ですが、仕事を得るために資格を少しでも取得しておきたい。その心意気がある方を応援したいので、今回は少しでも効率よく勉強できる方法をご紹介いたします。
 

優先順位をつけ無駄を避ける

資格習得までに、どの項目に重点をおいたらいいのか優先順位をつけましょう。過去の問題集10年分とよく聞きますが、その時間も惜しい。そういう方は、最低でも4年分の傾向にざっと目を通し、共通の項目の情報を集めてください。4年分の中で被っている率が高い項目を最重要にすることによって、無駄を省きます。また、試験の点数配分が高いもの、問題数が多いものを優先順位の高い中に入れておきましょう。
 

日数ではなく、時間単位でスケジュールを立てる



この日は勉強する。この日は勉強しない。という日数単位ではなく、時間単位、もしくは分単位でスケジュールを立てましょう。やる・やらないのではなく、癖付けを行ってください。時間を明確にしておけば、やらなくてはいけないと脳にインプットされやすいため、勉強時間を確保しやすくなります。
 
※最低でも1日5分間は勉強時間の習慣化
癖付けを行うまでにはかなりの時間を要しますが、1日5分間だけでも構いません。必ず勉強する時間を確保して習慣化することが大事です。女性の場合は、ダイエットに置き換えるとわかりやすいです。無理な運動より、1日5分なら5分と決めた時間だけ集中することにより、継続する力を身につけます。ですので、最低でも1日5分は勉強に集中する時間を確保してください。
 

記憶を定着させる

参考書を読んでみた、問題集をといただけで完璧に頭に入ってくる方は少ないです。1度でも思い出せない、問題の回答を間違えてしまった項目がある方は「どうして間違えたのか」を考え、原因と今後の対策をはっきりさせましょう。ただ何度も同じように繰り返すより頭に入ってきます。
 
また、目で見て声に出してみる。こちらも記憶の定着には有効です。大声を出す必要はありませんので、家にひとりでいるときに行えば、恥ずかしくもありません。目で見て声を出すことによって視覚と聴覚を使用できますので、互換を刺激して脳に印象を刻むことができるので有効です。
 
もちろん、休息も必要ですので睡眠時間はきちんと確保してください。脳は睡眠中に、一日で手に入れた情報の整理を行い、脳に深く刻む行為を行っておりますので、睡眠をとらないとすぐ忘れてしまいます。
 

資格習得費用は経費計上できるのか


 
基本的に個人の資格は本人が負担すべきものですが、資格取費として計上することができます。資格マニアがあれもこれも取得する場合は個人の出費ですが、フリーランスが仕事をもらうために必要・仕事中に必要になったなど、仕事に関わるために必要と認められれば計上することができます。
 
その際は、受験費を支払った領収書。もしくは出金伝票をきちんと記入して保管しておいてください。エージェントが仕事先から補助金が出た場合は、補助金を差し引いた金額しか計上することができません。
 
経費として計上できるものに関してもっと詳しく知りたい方は、フリーランスが経費計上できるものと経費のメリットをご覧下さい。
 

資格以外にフリーランスが身につけるべきこと

今回は資格についてを書きましたが、資格を取る前にフリーランスが身につけておくべきことがあります。
 
・コミュニケーション能力
・体調管理
・ビジネスマナー

 
大きく分けて上記3つは最低限必要になってきます。
 
・コミュニケーション能力
フリーランスに限った事ではないのですが、周りとコミュニケーションが取れないと判断されてしまった場合、任せられる仕事がない。もしくは、短調で簡単な仕事しか任せてくれない場合があります。最悪の場合、仕事をもらうための最初の関門である面談をクリアすることができません。コミュニケーションが苦手な方でも、最低限の自己紹介と受け答えだけはしっかり行ってください。
 
・体調管理
言い方は悪いですが、フリーランスは自分自身が商品だと考えてください。自分の身体が資本となりますので、体調管理はしっかりしてください。自己管理が行えないと、遅刻や休みが増えがちになり、自分自身の経歴に傷がついてしまうことになります。オン・オフの切り替えをしっかりし、十分に体調管理に気をつけてください。
 
・ビジネスマナー
TPOに合わせた身だしなみ、挨拶や敬語ができ、報告・連絡・相談がしっかりできることがビジネスにおいて必要となってきます。この人と一緒に仕事がしたいと相手に思わせることが大事になりますので、基本的なビジネスマナーには気をつけてください。
 
仕事だけではなく私生活でも役立つ内容ですので、常日頃から意識をし、早い段階で身につけておいたほうがよいでしょう。全ては、あなた自身の為です。
 

まとめ

いかがでしたでしょうか?年々、民間の資格試験も増えており資格の種類が多い中で、ここ最近(2016年5月時点)の仕事情報で多く見られる資格や、弊社の運営媒体の"フリエン"にご登録してくださるエンジニアで見かけることが多い資格を中心に取り上げてみました。

全員が資格が必要なわけではありませんが、仕事をもらう方法の1つだと思い、参考にしてください。私自身も勉強は嫌いですが、取れるときに資格を取ろうと時間のある学生時代によく受験しておりました。全てが活かされているわけではありませんが、経歴書を埋めることができますので話題作りの1つとして活用できています。自己アピールが苦手な方は、アピール手段の1つとして活用してもいいかもしれません。
 
 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
10,000件以上の案件から希望の案件をご紹介!

未公開案件も多数ありますので「まずは相談したい。」という方もお気軽に登録ください。

あなたに合ったフリーランス案件を探す
Banner free wide 037b570405fddeb419957475d18a005501589cadc55bfe73d5000335887322fd

新着のコラム記事

人気のコラム記事

  • キーワードからコラムを探す