2016.12.27PHP

2017年版!最新のPHPフレームワーク比較と選ぶ基準

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
C085074b f793 4d0f 8e78 c03f766c530a
皆さんは現在、PHPを使用しているでしょうか。ウェブ系のサーバーサイドエンジニアならもちろんのこと、サーバサイド周辺関係のエンジニアの方、もしくはエンジニアではないという方も使用したことがあるかも知れません。PHPはウェブサイトを制作するときなどに用いられるプログラミング言語で、学習難易度が低いこともあり人気の言語ですが、果たしてその中でどれほどの方がフレームワークを使用しているでしょうか。

特に初心者の方は「PHPでもさすがにフレームワークは難しい」と思って手を出さないということもあるでしょう。そこで今回はフレームワークについて解説するとともにおすすめの主要フレームワーク5つをご紹介いたします。
 
10,000件以上の案件から希望の案件をご紹介!

未公開案件も多数ありますので「まずは相談したい。」という方もお気軽に登録ください。

あなたに合ったフリーランス案件を探す
Banner free wide 037b570405fddeb419957475d18a005501589cadc55bfe73d5000335887322fd
【目次】
PHPフレームワークとは
フレームワークとは
フレームワーク導入のメリット
フレームワークを選ぶときの基準
主要のPHPフレームワーク比較
CakePHP
Zend Framework
Symfony
Laravel
CodeIgniter
フロントエンドとサーバサイドでは使用するフレームワークが違う
フレームワークは自作することができる
PHPフレームワークの需要と今後の動向
Web系から基幹系まで幅広く利用できるPHPは言語自体の需要が高い
日本ではCakePHP、海外ではLaravelが人気
PHPフレームワークの需要と今後の動向
フレームワークの選定ができるようになるとかなり優遇される
PHPのフレームワークを使用している案件・求人例
まとめ
 

PHPフレームワークとは


もちろん『PHPフレームワーク』とは、PHPで用いるフレームワークのことです。それではPHPフレームワークの導入にはどのようなメリットがあるでしょうか。
 

フレームワークとは

PHPは元々規模の大きい開発を行うようにつくられていないプログラミング言語ですが、バージョンアップにつれて次第に大規模開発も行える言語となりました。そしてより便利に利用できるようにと、さまざまなフレームワークが開発されました。この『フレームワーク』とは、『作業効率化ツール』と言うとわかりやすいです。
 
さらにわかりやすいように「お菓子作り」に例えてみましょう。クッキーを焼く際に生地を形成するとなると、ハート形や星形などのがあると便利です。せっかくなら生地を置くだけで、クッキーをあげる相手に合わせたを選んで自動で型抜きしてくれたら、もっと便利になります。フレームワークではそのように、よく用いられるプログラム()を用意してあったり、頭文字からキーワードを予測する機能(自動で型抜き)を備えていたりします。
 

フレームワーク導入のメリット

フレームワークを導入すれば、よく用いられるプログラムは既に用意されているため、開発に必要な時間を短縮することができます。また、先ほども少し触れたように頭文字からキーワードを予測変換で表示してくれる機能があるものを用いればさらに開発効率を上げることができます。
 
また、規模の大きな開発になれば1人で開発を行う訳にもいかず、エンジニア複数名による集団開発になります。そのとき、エンジニアによって記述の際に現れるコードの癖が、コード全体を読みづらくすることがあるため、皆で同じフレームワークを用いることでその癖が出ないようにすることもできます。

つまり、フレームワークはスキルのひとつと言っても良いでしょう。複数のフレームワークを利用できれば仕事の幅は増えますので、特にフリーランスのエンジニアの方はできるだけ多くのフレームワークを利用できるようにしておいたほうが良いでしょう。
 

フレームワークを選ぶときの基準

『フレームワークへの興味は沸いてきたけど、どのフレームワークを選べばいいかわからない』という方に向けて、フレームワークを選ぶときの基準を4つご紹介いたします。
 

要件

フレームワークを選ぶときは何よりも、要件を満たせるものを選ぶことが重要です。例えば、「集団開発向けに規約の厳しいフレームワークである」ということや、「なにより高速な動作を重視する」ということ、「利用の簡単さ」などが挙げられます。
 

機能

フレームワークは一つひとつ備えている機能が異なります。機能は多いほど良いという訳でもなく、多すぎると動作が重くなってしまったり、機能が多くなることにより操作性が難しくなってしまったりということもあります。
 

コスト

フレームワークには無償のものがありますが、有償のものもあります。無償のものは気軽に利用を開始できますが、有償のもの比べるとサポートが無いということが多く、何か問題が起きたときには自分で解決策を見つけなければなりません。そのため、問題が起きたときに自分で調べて解決ができるという自信がある方は無償のフレームワークで良いでしょう。しかし、自身がない方はサポートのある有償フレームワークを選んだ方が良いと言えます。
 

実績

実績のあるフレームワークを選んでおけば、困ったときにインターネットで調べることで解決策を見つけることができる場合が多いです。また、実績のあるフレームワークは当面は使用される可能性が高いため将来性もあり、開発後の保守管理もしやすくなります。

主要のPHPフレームワーク比較


それでは現在主流のPHPフレームワーク5つがそれぞれどんな方におすすめなのか、表を見ながら1つひとつについて解説してしていきます。

CakePHP

CakePHPはPHPのフレームワークとして有名で、機能性の高さ利用者の多さ無料で利用できるという3つの点が特徴です。PHPのフレームワークで悩んだらとりあえずCakePHPを選んでおけば無難です。また、歴史もあり、ユーザーが多いことで日本語のドキュメントなども充実しており学習のしやすさでもおすすめできます。
 

Zend Framework

Zend Frameworkはシンプルであることが特徴です。しかし必要に応じて、さまざまな拡張機能を追加することができるため柔軟性の高いフレームワークと言えます。そして非常に多くのコンポーネントが提供されているため、簡単に多くの機能を取り入れられます。
 

Symfony

Symfonyは処理速度が速く、様々な環境との互換性があるため人気のPHPフレームワークです。こちらは作業効率化に重きをおいて考えられており、全体的な作業時間の短縮に力を発揮します。また、テスト・デバッグに関するツール群が同梱されているため、開発・保守時に強力なフレームワークです。
 

Laravel

Laravelは海外で人気なPHPフレームワークです。さまざまなフレームワークの特徴を吸収してつくられたフレームワークで誰でも使いやすく、日本でも徐々に浸透してきています。今もっとも勢いがあるフレームワークと言えます。
 

CodeIgniter

CodeIgniterシンプルな構造で学習しやすく、また規約が緩いことが特徴のPHPフレームワークです。そのため比較的自由にいろいろなものの開発が行えます。またライブラリも豊富に用意されているため、自分好みにカスタマイズすることができます。
 

フロントエンドとサーバサイドでは使用するフレームワークが違う

一口に『フレームワーク』と言っても、フロントエンドで作動するもの、サーバサイドで作動するものがあります。例えばCakePHPはサーバサイドで動作しますが、Zend Frameworkはフロントエンドで動作します。そのため、PHPフレームワークを選ぶ際には、その点にも注意して選ぶようにしてください。
 

フレームワークは自作することができる

フレームワークは自作することもできます。特に大規模な開発を行うときには、そのプロジェクトのために独自のフレームワークを用意して利用することもあります。また、インターネット上で独自のフレームワークを公開しているエンジニアも少なくありません。
 
他言語のフレームワークについては8つの言語別WEBフレームワーク比較|2016年最新版をご覧ください。
 

PHPフレームワークの需要と今後の動向


現在のPHPフレームワークの需要はどのようになっているのでしょうか。そして今後どのような立ち位置に置かれるのでしょうか。
 

Web系から基幹系まで幅広く利用できるPHPは言語自体の需要が高い

 PHPは言語自体の需要が高いため、これからもWeb系言語として当面の間は需要のある言語であり続けると予測されます。そのためPHPフレームワークの需要も衰えることなく存在し続けるでしょう。むしろ、これからウェブコンテンツはさらに需要が高まると予想されますので開発効率を上げられるフレームワークの需要は一層高まる可能性が高いです。
 

日本ではCakePHP、海外ではLaravelが人気

PHPフレームワークの人気は日本と海外では違うという調査結果があります。詳しく言うと、日本では「CakePHP」、海外では「Laravel」が人気となっています。日本では多機能で日本語ドキュメントが比較的多いCakePHPが人気ですが、海外ではドキュメントにこだわる必要はなく純粋に「より良いもの」を求める傾向があるため、Laravelが人気となりました。Laravelは公開当初、「簡単である」ということを求めていましたが、機能性が求められる時代に合わせて「多機能」という点を求めるようにアップデートしていきました。その結果、海外で人気を獲得してきています。
 

これからのPHPフレームワーク

これからは「CakePHP」と「Laravel」がPHPの2大フレームワークとして競争することとなりそうです。現在はCakePHPが主流ですが、数年前から少しずつ検索数が減り始めており、注目度が下がりはじめているのは間違いなさそうです。とは言うものの、今の日本でもっとも使用されているPHPフレームワークだということも事実ですので、今後1~2年で一気に衰退するということは無いと思われます。
 
しかし、もっと長期的な目で見てみると将来的にも需要の高いPHPフレームワークであるとは必ずしも言い切れないようになってきました。対してLaravelはリリース当初から徐々に注目度が上がってきており、現在もCakePHPに迫る勢いで人気を獲得し続けていますので、今後もさらに人気が上がると思われます。
 

フレームワークの選定ができるようになるとかなり優遇される

フレームワークにはそれぞれに特徴があり、開発するものによって得意不得意があります。そのため、複数のフレームワークを使用できると、より開発に適したフレームワークを使え、作業効率を上げることができます。また、フリーランスエンジニアの方は複数のフレームワークを利用できれば受けられる案件の幅が増えますし、企業からも優遇されやすくなります。
 

PHPのフレームワークを使用している案件・求人例

それではPHPフレームワークを用いた実際の案件を、弊社の運営している案件情報サービス「フリエン」から一部ピックアップしてご紹介いたします。
 

【PHP】業務システム開発

こちらはPHPを用いて業務システムを開発する大阪の長期案件です。LAMP環境を用いた開発経験が1年以上ある方、もしくは他のWeb系言語での開発経験が5年以上ある方を募集しています。そしてこちらの案件ではLaravelの使用経験があると優遇されます。
 

【PHP,CakePHP】Webシステム開発

こちらはPHPを用いてWebサイトのサーバサイド開発を行う案件です。PHPでの開発経験が3年以上あり、さらにCakePHPを用いた開発経験をお持ちの方を募集していますので、純粋にPHPとCakePHPのスキルが求められる案件です。また、Redmine等の管理ツールの使用経験があると優遇されやすくなります。
 

【PHP】PHPによるウェディング関連のシステム開発

こちらは大阪でPHPを用いてウェディング関連システムを開発する案件です。PHPを用いてコーディングからテストまでを行う案件で、PHPとJavaScriptを用いた経験のある方を求めています。CakePHPの使用経験があると優遇されやすくなります。
 

まとめ


いかがでしょうか。PHPは世界的に人気な言語ですのでフレームワークも多く存在します。現在、特に注目すべきPHPフレームワークは昔から根強い人気を誇る『CakePHP』と、近年一気に人気を獲得し始めている『Laravel』の2つです。しかし他のフレームワークも拡張性に優れていたり高速であったりという個性があるため、さまざまなフレームワークに触れて、開発によって使い分けができると良いでしょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
10,000件以上の案件から希望の案件をご紹介!

未公開案件も多数ありますので「まずは相談したい。」という方もお気軽に登録ください。

あなたに合ったフリーランス案件を探す
Banner free wide 037b570405fddeb419957475d18a005501589cadc55bfe73d5000335887322fd

新着のコラム記事

人気のコラム記事